セラミックアートアクセサリー千花

  • instagram
  • facebook

primitive -プリミティブ- 命の始まりをイメージし続けてやってきた小さな始まりのたまごにありがとうの想いを込めて

  • primitive-1
  • primitive-2
  • primitive-3

HIKARI -ヒカリ- かみさまはどこから来たのでしょう 宮崎に伝わる神話に想いをはせて

  • hikari-1
  • hikari-2
  • hikari-3

luce -ルーチェ にじむ光- にじむ視界の中にしか見られない景色がある

  • luce-1
  • luce-2
  • luce-3

message - メッセージ -

海があって、命があって、時間があって、ちゃんと終わりがあるこの場所が自分の居るところ

宇宙に対して、美しいと思う反面、不思議さと怖さを感じる事はありませんか?

雲一つないあまりにも綺麗な星空の夜、見上げるとそこにあるのは「夜空」ではなくて「宇宙」だと感じる時があります。そんな、宇宙に取り囲まれるような夜には、怖くて眠れなくなる子どもでした。

きっといつまでも続いていく果てしない宇宙。

誰にも見届けられることもなく、終わることなく続いていく存在が無性に寂しく、怖かったのです。

私たちが存在する時間など、無限の宇宙にとっては、あっても無くてもどうでも良い事だと思い知らされるような。

そんな時に安心する方法が、「いま居るこの星も、宇宙の一つなのだ」と考える事。

海があって、命があって、時間があって、ちゃんと終わりがあるこの場所が自分の居るところなのだ、とゆっくり考える事が、終わらない宇宙の美しさと怖さを忘れる方法でした。

永遠の輝きと言われるダイヤモンドなどの宝石も、私にとっては美しく、ほんの少し怖い存在なのかもしれません。

私が魅力を感じて選んだ「陶」という素材、これも宝石と同じく、この地球のひとかけら、大事な素材だと思っています。

輝く事はなく、時間を重ねて変化する。

宝石と比べると、静かで儚げな素材ですが、だからこそ、少しの温もりを宿す事ができる。

たくさんの可能性を秘めた「陶」は私にとって宝物なのです。

この大切な地球のひとかけらに、想いを込めて作る事。

技術と感性を磨いて、陶の持つ表現力と、陶ならではの輝きを引き出していくことを目標にしています。

  • HIKARI
  • HIKARI
  • Luce

Concept - コンセプト -

ほしのひとかけら

私が使うのは磁器(ceramic)で、原料は陶石という白い石です。

宝石と同じように、原石を掘り出して、砕いて取り出します。

つまり、どちらも同じ地球のひとかけら。

例えば宝石は、そこから、割って削って研磨して…と、マイナスの力で洗練されていきます。

一方、陶石は、粉状になるまで挽いて、水を加えて粘土状にして、人の手で成形し、釉を掛け、窯で焼成し、上絵を施すなど、つまりプラスの力で洗練されます。

自由な形をつくる事ができて、釉薬も試しきれない程の沢山の種類が存在する上に、自作の釉薬を作るという選択肢も残されています。

「陶」という素材には(art)というプラスの力で広がる可能性が無限にあると思うのです。

陶アクセサリー作家 佐藤 ちか子

陶アクセサリー作家

佐藤 ちか子Chikako Sato

宮崎県宮崎市出身

金属加工と溶接の基礎を学んだ後、2002年より陶磁器のアクセサリーの制作を開始。

現在は、各種アートイベントやギャラリーへ出展。

出展経歴

2016.12
47都道府県のアクセサリー展|渋谷ヒカリエ
2019.01
布博 in 東京 ブローチ博|町田パリオ
2019.02
布博 in 京都 ブローチ博 |京都国際会館
2019.03
ギャラリー陶花 個展|宮崎市
2019.04
クチュールジュエリー展|阪急うめだ本店
2019.07
夏のクチュールジュエリー展|松屋銀座
2019.08
布博 in 横浜|横浜大さん橋ホール
ページの先頭へ